Home > by portable phone > '15SW日記 四日目

'15SW日記 四日目




こちらも漸く。祖母の墓参と、佐野漁港へいきました。どこかの受け売りというわけではないですが、本気のとれとれピチピチです。

秋晴れで暑いくらい。車で南下します。この時期にいつもは帰らないので、お彼岸真っ只中の墓参は数年ぶりな気がします。
道中でお供えする花とお茶を買うんですが、菊と竜胆が良いと我が儘をいい、みんなの共同作業で草抜きしたりお墓を磨いて蝋燭灯してお線香をあげ、お花とお茶を供えて手をあわせました。

この時間は結構好きです。静かで空が広くて、時間はそれほど長くはありませんが、目を閉じて祈る瞬間、空間が異なるのではないかと思うのです。回向は毎朝毎晩なんだけど、こういう時間も必要だと思うんです。



さて一路、佐野漁港です。一路といいつつ、寄り道もしますが。
漁港はひとでいっぱいでした。あとでお店のひとから聞いた話だと、この期間は混雑が3~4日続いたそうです。

昼過ぎに到着して、市場の二階でランチをいただくのも狙い。漬けマグロ丼、シンプルなのにとても旨かったです。階下ではちょうど漁港についたところで競りが始まっていました。

改めて、いつものお店に向かいます。お店に並び始めた魚も視野に、お店のひとに勧められるまま選んでいきます。鯵や鱧、鯖を裁いてもらい、マナガツオは炙りにするといいよといわれて五枚下ろしにしていただきました。どれも水揚げしたばかりなのでまだ生き生きしていて、もちろん生食できます。クーラーがいっぱいになりました。
裁いてもらっているあいだに別のお店で山葵とフルーツも買って帰路です。
やや心許ないお酒も買い足しました。



夜は写真のとおり。鱧の湯引きと鯵のお刺身、マナガツオのタタキを日本酒をお供にたくさんいただきました。マナガツオな生なんて滅多に口にできないですから本当に堪能しました。



こうして書き出してみると食べてばかり。お休み明け、少し太りぎみだったのはしょうがないとおもいます。


関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > by portable phone > '15SW日記 四日目

blogram.jp
gremz
Denki

Return to page top