Home > diary > 秋の夜の演奏会と、これから。

秋の夜の演奏会と、これから。

  • Posted by: ヨシオ
  • 2012-09-08 Sat 14:00:35
  • diary
 昨夜はテンポ・ルバートのコンサートへいってきました。



 初めて彼らの音楽を聴いたのは、初めて彼らに出会った翌日。 東京へきてまだ数か月、嵐の夜に、前から気になっていたお好み焼き屋さんへ勇気を出して入りました。 それまでは朝夜は家ごはんで済ませていましたが、あれが外食の始まりだったと思います(笑) あまりひとりで外食することはなかったので。 それはさておき。
 座敷で四人掛けテーブルにひとりでついて適当に注文して食べていたら、横のテーブルに座っていたアントニオさんと丹野めぐみさんたちが声を掛けてくれました。

 帰り際、あしたの演奏会にと誘っていただきましたので、クラシックはわからないながらももともと好きですし、これも何かの縁、と残業終えて行ってみたらもうアンコール(笑)

 それ以降、なにかとお世話になっています。 じつは家も近所だったりで。 広がる拡がる地元の縁♪



 奇しくも今朝、友人からいただいたメールに、「この土日は上半期の総決算する、公私とも!」とあったので、わたしも倣ってみることに。 出会ったひとたちとのことやそのときの感情を振り返って、それで先につなげていけるようにっていうことなんですけど。 常々、記憶より記録と言っているかたなんですが、思い出すのも大事ですもんね。

 記録という意味では、日記は続かないから書かないしブログも毎日書いているわけじゃないけど、手帳。 手帳だけは会議や資料作成のスケジュール、確認事項ももちろん書くけど、段をかえてプライベートなことも書いています。 そうしないと忘れる… 時期によって表現方法が違っていたり、丁寧だったり雑だったり(笑) 日記のような「思ったこと、感じたこと、出会ったこと」みたいなことは書かないんですが、イベントがあったというだけで、あとで読むとなんとなく戻れますよね。
 毎年の手帳はすべて保管しています。 なんか捨てられないし、捨てる必要もない。 ほかのひとが読んでも内容はちっともわからないとおもいますけどね(笑)



 そろそろお気に入りの雑貨屋さん「わたしの部屋」に来年の手帳が並ぶころ? 今度帰阪したらゲットしたいです♪






 次回の演奏会です。



テンポ・ルバート フォルテピアノ・デュエット「モーツァルト&クレメンティ夢の競演」



日程:11月8日(木)
場所:旧古河庭園・洋館時間:13:30
開場 14:00 開演チケット料金: 前売り4,500円、当日5,000円
(全席自由 ともに庭園入園料込み)

 詳細は丹野めぐみさんのサイトにてご確認いただけます。     Beyond The Skies



関連記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Home > diary > 秋の夜の演奏会と、これから。

blogram.jp
gremz
Denki

Return to page top