Home > 2010年11月

2010年11月 Archive

忘却

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-30 Tue 23:53:20
  • diary
 …忘れていたわけでは、ここの更新。
 早く帰っても遅く帰っても、眠りにつく時間はおなじですね。 自分次第だけども。



 やっとカメラの写真をパソコンへ移動した。 307枚あった。 またぼちぼち整理するかな。 写真撮るのも、加工したり整理したりも好きだけど、やるまでがなかなかですね、めんどくさい。 でも望遠レンズとか借りて撮った写真もどんなになってるんだか見てみたいし、それにやっぱり楽しいです。
 私が楽しければいいんです。

 ところで先日の小鯵は320匹。 意味のない共通点。



 妹にちょっと面白い写真もらった。 面白い、というよりかわいいんでしょか。 今日の記事、それにしようかとおもったけどやっぱりつなびーで掲載しますそのうちに。 でも他の人がみても面白くはないんだろうな(笑)



 もう、お寺の和尚さんも直(ひた)走りまわる年の瀬ですね。 一年の計、ことしはもう決めた。 そして来年の手帳は今日から解禁。 年賀状もこんな感じではやく書きたいものですな。 毎年いいますが、私は手書き。 でも量はピーク時の1/5くらいですけど。 ちなみにピーク時、200枚くらいのときもすべて手書きでした。


小鯵

追記

でも小鯵の南蛮漬けにワインはやっぱりあわない… やっぱ日本酒とか焼酎とか、テイストが爽やかなビアとかかなv
しかしこの写真、めちゃめちゃ大きくて携帯電話での画像表示がとっても重かった;;
元のサイズは2MBだったんだもん。






沢山 釣ってきたよ~、と先日弟からメールをもらい、妹とふたりで『南蛮漬けになってやってくるかな!』なんて話してたらやってきました、もちろん南蛮漬けで!
なんと300匹以上釣ったとか。本気で料理が大変だったと思うの。



CA3G0085_convert_20101129013228.jpg

魚(ぎょ)っ?(笑)



ありがたくいただいてます♪

そしてお魚美味しすぎるため、ボジョレーヌーボー一本かるくあけちゃったvv

未必

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-28 Sun 18:05:31
  • diary
 そんな言葉を最近はじめて知りました。 どうやら単独では使わないらしい。 でも意味自体は単独でも持っているんですよね。

 『未必(みひつ)の故意』、というような使い方をするそうです。

 なんだか人間臭いようなそうではないような、そんな感覚。 法律の用語みたいですから、そうだとすると明らかに犯意への因果ということになりそうなんですが、なぜかどこか腑に落ちない不思議さが残ります。 いったいなんだろう。 音は綺麗なんですけどね。 きっと感覚として掴みきれていないせいなんでしょうけども。



天井

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-28 Sun 01:18:36
  • diary
追記

 その星座が天井にくる時間に歩いていたのか、とわかるような内容だと今朝気づいた。

 昨日は久々なお友だちに会いました。 夕方、茅ヶ崎のジャズライブを堪能してお友だちのご家族とお食事へ。 帰りはとっても眠くなってしまって、だけど乗り過ごさなかった、私エライ(笑) きっとものすごく楽しかったから、良い酔いかたしたんだとおもう。




 『天井の星』とか『天井の月」だとか、考えてみたら誰でも思いつきそうですでに使い古されているかしら、とおもったが、殆ど使用例がなさそうだ。

 というわけで(?)、ひさびさ天井オリオン座をみました。 冬ですね。



堅実

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-27 Sat 10:46:28
  • diary
 タイトル、その前に。
 FC2トラックバックテーマを拾っちゃいました。



 『いま私が楽しみにしていること』

 年末のコンサートでしょ♪ その日めざしてがんばれる。



こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です!今日のテーマは「あなたが今楽しみにしている物は?」です。皆さんは、毎日お仕事や学校で忙しい日々を過ごされているかと思いますが、今、何か楽しみにしている物や事はありますか自分へのご褒美のような、何か頑張る原動力になるような物があれば、ちょっと落ち�...

トラックバックテーマ 第1091回「あなたが今楽しみにしている物は?」





 電車通勤というのはいろいろと誘惑がおおい(笑) 来年からの目標でもあるけど、もっと堅実に暮らしたいなと。 湯水、ではないですからね、有限じゃない資源は心や精神だけじゃないかとおもってしまう。 いやここは軽く流してください。

 堅実になる、そして家で遊ぶ。 でもバランス良くできるかなー。
 そもそもそういうことのバランスが悪い私は、家に籠もるといえば徹底的に籠もれるとおもう。 外界の喧騒を疎ましく捉えられるとおもう。 まあどっちかというと、引き篭もりな性質(たち)ですしお家でやりたいことだってある。 そんなわけで美味しいものは自分で作らないといけないんですがこれにしても、外へ出ない休日などはいち日一食か二食あれば足りる。 …あと飲み物さえあれば、です。

 とはいえこの時期ですし、お友だちと会うのを制限するのは間違ってるし、来月は来月で楽しみが多そうですよね。 すでに3つほど決まりはじめてる。



暗号

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-25 Thu 23:26:22
  • diary
 暗号を絡めたお話はわりと好きなほう。 解けはしないけど。

 『白馬山荘殺人事件 / 東野圭吾 著』はとってもおもしろかったです。 世界観が、好きなんだとおもう。 作者のかたに失礼ですが、あえていうなら孤立した洋館とか暗号とかがね、某・金田一さんのようで。 どっちの金田一さんかなんて、なぜならという解説とともに自分なりの考えはありますがそれは伏せます。

 『白馬山荘殺人事件』、好きなお話のひとつになりました。



 ところで東野圭吾さんの小説との出会い、私は『白夜行』でした。 そのまえにも大作の話題作を書かれていたとおもいますがそれはまだ読んでいない。 だから私の東野さんの書かれる小説のカラーはいまでも『白夜行』が基調なんですが、ガリレオも良いですよね。 なかでも『容疑者Xの献身』とかは描写が細かくて好きです。 加賀さんは、金田一さんに会えるような感覚で読める。 つまり、同じ登場人物のなかでも最後にどこかホッとできるひと、ということなんですが。



Continue reading

筆圧

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-24 Wed 23:09:13
  • diary
 どっちだろ… 薄いと思うけど。 そして鉛筆の芯もなるべく薄いほうがいい。 というわけで硬いほうの芯を使います。 そのうえ軽く書く。 だって、きつく書くと消しゴムで消しきれないもん。



 強い筆圧で書く。 毛筆だとそのほうが良い気がします。 きれいに文字が跳ねるし伸びる。 だけどふだんは印象薄くていんです。 そこで自己主張できなくてもいい。 むしろ気づかないで(笑) なぜかって、基本フロントマンではないので。 あと、縁の下のほうが性にあってるとおもう。



こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「筆圧は強め?弱め?」です。突然ですがあなたの筆圧は強いですか?弱いですか?ほうじょうはどちらかというと強い方です。ペンを握る力も強いようで、長時間使っていると指が疲れてきます。先が細いものを使うと、ボールペンなどだと潰�...

トラックバックテーマ 第1089回「筆圧は強め?弱め?」





 あ、この記事ミレニアムだ、やった。



寝床

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-23 Tue 21:42:14
  • diary
 しまった、写真の整理したり部屋を片付けようと… おもっているだけではできませんね(笑)



 そんなわけでFC2トラックバックテーマで自分を誤魔化すことにしました。

 ベッドとお布団なら家族で団地間に住んでいたからお布団歴が長いですけど、独り暮らしならベッドが楽です。 というわけでベッド。 安いものなのでつぎに引っ越すときには捨てられるよう、あと友だちが遊びにきたときに片づけやすいのでソファベッドにしました。

 そういえばスガシカオさんの『sofa』って楽曲はわりと好き。 だけどそれとは関係ない。



こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「ベッド、布団、どっちで寝てますか?」です。最近寒くて抜け出せない寝床。安眠のための寝床には、皆さんはどちらを利用されてますか?吉久は「ベッド」を利用してますしかも、場所をとるので折りたためるようにと「折りたたみベッド」を購入しかし、結局は折りたた...

トラックバックテーマ 第1088回「ベッド、布団、どっちで寝てますか?」





 旅行記の続き。

 宿泊は妹の旦那さんのお勤め先の保養所でした。 コテージみたいなところ、っていうかコテージ? よくわからないけど、一戸建ての素晴らしい景観と天井の高い大きなお家。 玄関へのアプローチも外観も内装も明るくて、別荘ライフが楽しめました。
 だから夜、寝巻きが要ったわけです。 ふだんの寝巻きはネグなため、パジャマという代物を持っていない。 そこで昔きていた部屋着といいますか、これも寝巻き代わりだったんですけど腰周りがすごくゆるくてずり落ちそうな半ズボンと妹にもらったTシャツを。 寒いだろうから、とっておきのレギンス持ってった。 したら… 妹も似たような格好のパジャマでした。 なんだ、やっぱり精神的ツインズやん、と妙に納得して帰った。



南淡

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-21 Sun 19:31:15
  • diary
追記

 絵本に夢中になってた、よかった!






 今回は家族みんなで淡路島へ小旅行を。 南淡(なんだん)はとってもあったかかったです。 ドライブがてら道々を観察していたら二期作・二毛作をあちこちでやってるし、お魚狙いつつお散歩?する猫も。 凪の海沿いと風車がある風景や途中で立ち寄ったお花畑などが、旅行気分を盛りあげてくれました。 写真もいっぱい撮れたので明後日のお休みにでも整理したいな、失敗ももちろん多いんですけども(笑) 移動中や遊ぶときは晴れててほんと良かった。



 甥っ子は、ひと足早いクリスマス・プレゼントを喜んでくれて、ごはん食べるまで夢中でした。
 私の母と弟も彼の大好きなアンパンマンの絵本をプレゼントしていて、私が少し出遅れて渡してしまったためあとから来たものに興味をしめしてしまい… シリーズで3冊あるんですけどあったりなかったりで、母と弟ふたりはとっても探し回ったらしくて苦労したのにと、じつはなんだかとっても悪い気がしていました。 私が先に渡せていればなっておもってずっと遊ぶところ見てましたが、そんなことその場で言えるはずもない。 切ない時間(苦笑)
 私からのプレゼントは、木でできた小さな小さなバランス・ゲームです。 子供向けに作られているわけじゃないだろうけど彼ならいいやと思った。

 彼は私のことを『カオリチャンッ』って呼んでくれるんですけど、伯父である弟のことは『イシクンッ』。 ほんとは『ヨシ君』なんですが、そう聞こえているのかちゃんと発音しているつもりなのか。 でもきっと後者ですね。 彼が20歳になっても『イシクンッ』って呼んでたらそれはそれでおもしろい。



 弟も妹も全力でアスレチック。 一緒に混じりたい甥っ子はまだ2歳と8ヶ月ほどなので、当然ながらひとりで自分の体重やらなんやらを支えて楽しめないんですけど、それでも抱っこされたり一緒に紐を引っ張ったりして遊んでキャーキャー笑ってたからまーいっか。 できることはまだまだひとつずつ増えてくし、それが楽しいんですよね、本人も見ているほうも。
 とっても疲れきった姿が翌日の夜、自宅で不意に撮影された写真をもらった。 ソファでだらんと寝転んでテレビを観てるけど「観てるだけでしょう、それ」って感じの。 小さいおっちゃん。 パワー配分がわかっていないのは、なにも彼だけじゃなかった(笑)



Continue reading

落葉


落ち葉にいい感じで陽光が。
落ち葉炊きで焼き芋ってまだたべたことない。

鳴門


鳴門大橋を観てきました。

風と気温が素敵な島。

東経


魚の棚へ行ってきました、たった10分くらいの滞在でしたがエエ鯛調達。
時間ゆるせばブラッとしたい感じです、卵焼き食べたい。

東経135度子午線。



さて、明石大橋を渡って一路淡路島へ。

帰省

東京発最終便でやっとモノレールの駅に着いた、普通の席やから。

今回は家族での小旅行とゆうオプション付きだ。今朝出掛けにギリギリ思い出した写真機の存在。でもやっぱり他に忘れ物があった。
帽子とかバングルとかやけども。

旅行には帽子でしょう。

突然

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-15 Mon 01:53:18
  • diary
 炎の如く、いまだ観たことはないですけど一度は観てみたい映画。

 仏映画のほうですよ。



 急遽、あしたから異動だという連絡をもらい急いで駆けつけました、一週間のうちに何度もお世話になるお寿司屋さんへ。 異動の多いお店だと感じていたのは私だけではなかった。 ほんとに急で、昨日の夜に連絡があって今日決まったみたいな。 AKB48の前田あっちゃんも言ってたけど、やっぱり板前さんひとりひとりにファンというかお客さんがついているんですよね。 それを無視しているわけではないとおもうけど、あまりに立て続けで急だったこともあり、不満はある。 個人的なサービス云々よりも定着率の向上と図りたいとか、そういったことなんでしょうか。

 理不尽かもしれないけど。 渇いた土地に潤いを。



 ボチボチ、帰阪と旅行の荷造りしなくては。



Continue reading

上野

[10-11-13 東京散歩]


 昨日はお友だちに上野へ連れて行ってもらいました! なんか… 異国みたいなアメ横と森林浴で息がしやすい公園側では雰囲気がエラクチガウ。 どちらも密度の濃い空気感で楽しかったです。 いろんな匂いが入り混じり路地に入り込むと混沌としてガッチャガチャな街の様子に圧倒されたアメ横は写真撮りませんでしたけども。

 カメラを持って出るのを忘れたため、携帯電話のカメラです… 残念な。



 夕方な上野公園。



 桜や柳で賑やかな。





 伸びきって枯れた蓮の葉たちと水面彩る紅葉、肉眼でみると決して写真のようにはボケてないです…





 薄暗さがいいなって思ったんですけど…まあいいか。





 浮かぶ月。 でも薄曇。





 友だちがタバコ吸うのに休憩した場所で。 水が立っていたから。





 いっぱい歩き回ったテーマパークで迎えた夜みたいだったので。



 そして贅沢&幸せ気分に浸れる晩ごはん。



 締めくくりは、北千住の庶民的ふぐ料理屋さんでヒレ酒&てっちりやてっさを堪能しました。 東京きてからは初めていただいた。 最後のお雑炊までほんとに美味しいお店でしたv



 ふぐ屋さんではじつに3時間ほどかけてゆっくりごはんをいただきました。 牛? そのあと駅前のデニーズで話し込んで、気がついたら駅前ビルの照明がすっかり消えていてビックリ… ジャニ話で盛り上がりまたもや3時間ほど経っていた(笑) 後ろ髪引かれつつ大急ぎで帰りました。 日暮里で乗り換えるのが早いよという友人の言葉を信じて知らない駅だからドッキドキしながら日暮里でひとの波にのり、ホームをあがってみると乗り換え場所がほんとに近くてホッとした。 品川→蒲田まではなんとか帰れることを以前、タクシーの運転手さんが教えてくれていたのでそのとおりにしてみてみる。
 疑わないばかりも問題だけど、好意で言ってくれているアドバイスと大切にしているひとたちの言葉は信じるに限るね!


石榴




かな、と思うんですけど。
うちの近所で実が生ってた、風物的なもの。

竜頭

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-13 Sat 11:21:02
  • diary
 を巻くような生活はしてませんけど、手元での時間確認はずっと携帯電話。

 腕時計は生活の必需品としてより装飾として憬れはしますが、パソコンのキーボードたたくときに重くて仕方なく。 仕方なく? ときどき『ほしいなー』っておもうけど、私には要らないものなんだとおもう。 母も妹もきっと同じ意見のはず。



 ちなみに、日めくりカレンダーや月めくりカレンダーもいまいち使わない。 月めくりですら最初の数日、めくり忘れるんですよね。 ただ、怠惰なだけですな。



 さて。 一週間?でボロッボロになってしまった肌の集中ケアだ。



Continue reading

連載

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-11 Thu 23:28:19
  • diary
 刻がきたら言ってもいいのかな、きのう初めてお会いした小説家のかた、今度の連載のお話をされていましたが、ネットで探る限りはまだそんな噂は出ていない。 もしかしたら当該情報源にはなにかしら案内があったのかもしれない。 でも来年1月からだというからはじまるまで黙っておきます。

 ところで著名なかたなのだと、家に帰ってきてからわかりました。 くだけた感じで、マッコルリ飲みながらブルーベリーソースをからめたカスピ海ヨーグルトを食していた。 美味しいんですか、その組み合わせ(笑)
 常連さんみたいだったので、お店にポスターも貼ってあったので、タイミングがあえばまた会えるんでしょう。 一瞬だとしても縁は、できたのだから。 つぎ会うまでに、なにか1冊くらい読んでおこうかな。 とってもおもしろい視点で描かれているようなご紹介文の数々でした。 知らなくてごめんなさい(笑) でも本のタイトルはどこかできいたことあるような。 …気のせいなのかな。



 出かけると、なにかしらおもしろいことやいろんなひとに出会いますねー。



椅子


お風呂で使う椅子が壊れた。
敢えていうけど決して体重のせいでは…(笑)
洗面器とお揃いの透明な焦げ茶で気に入っていたのに、そうゆうのに限って壊れるんですよね。
お風呂マットにすると言う手もあるいいけどやっぱり椅子がいいだろうな、衛生的にも。

写真は今朝ではない。

防寒

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-08 Mon 23:54:00
  • diary
 首や手首から風が入らないと、または寒い温度が入ってこなければと凌げる。 とはいえ、物理的にあったかいのは好きです。 ある程度は寒風にも慣れていないと免疫的にダメかなとはおもいますが。

 季節は夏より冬が好きなんです。 冷たいピリッとした空気が顔にあたる感じとか、冷えて細くなった気がする指の感じとか好き。 だけど防寒は基本、ひとより遥かにしているとおもいます。 だってもうもっこもこ。 そして眠るときも最早真冬の厳寒時期仕様です。
 ほんとの真冬をどうやって乗り切るつもりだ、とか自分でもおもいますけど、あと家の中なら暖房があるしまだもう少し着るもの重ねられる、それから外へ出かけるならもうちょい防寒増やせます。 うん、だから大丈夫さたぶん。



こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!今日のテーマは「防寒対策は大丈夫ですか?」です。ここしばらく寒い日が続きますね・・・。水谷は、冬になるとカイロを用意します。マフラーを巻いて寒さを凌ぐのも効果的ですよね。水谷は暑い日よりも、寒い日の方が好きだったりします。あっ、そうそう、寒空の下で、熱...

トラックバックテーマ 第1078回「防寒対策は大丈夫ですか?」




押下

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-07 Sun 22:00:46
  • diary
 クリックスピードがいまいち掴めなくなってきている、このパソコン。 べつに変更はしていないんですけど。 いままでのワンクリック操作がダブルクリックで行われる、ときがある。 電源入れっぱなしで大抵はサスペンドで閉じちゃうから、たまに再起動したりするんだけどそれが原因でもないらしい。

 なんでだろかー。

 でも素早く、ほんとに素早くクリックすればなんとか。



 着々進んでいるらしい新盤のジャケが金曜日に発表されましたが、なんといいますか… すごく良いです! ふたりの手でハート作るってそんなベタな(笑) はやく手元にほしいなあ♪ 泣いても笑っても12.01には手に入るんですが!



 ロッテ、がんばるね。 ところで他の球団でもあと一人コールとかあと一球コール、あるんだろか。



追記

 大好きなブログサイト様で紹介されていた『女子力計ったー』やってみた。 本名で80! いんじゃない?(笑) 幸せはすぐそこだって! こういうのは信じるに限るとおもう。


野生

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-06 Sat 13:11:53
  • diary
 身近な野生動物、が今回のFC2ブログトラックバックテーマ。

 最初、野良? とおもいましたが、厳密には違うような。 もちろん生まれてこの方ひとの手にかからず生きてきた犬や猫はいるでしょうけど、でもなんとなく違うような気がします。 とすると、野鳥くらい? 鳩や雀、鴨、鴎(かもめ)などなど。 しかし野鳥もひとの手によって餌付けされている可能性が多いので、やっぱりこのあたりに真の野生動物は棲息しないのかもしれない。 ペットが野生化した、という例は身近にあるかもしれないですけどまだ見たことはない。



こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「身近にいる野生動物」です。実家にいたとき、家のそばに山があったので、庭に季節ごとの鳥が遊びに来たりしていました。他にもヘビが出たり、猿がきたりもしたことがありますが…友達は、深夜イノシシが出るから危ない、と言ってた...

トラックバックテーマ 第1077回「身近にいる野生動物」





 実家の近所には川ネズミみたいな大きいのが棲んでいた。 名前忘れた。 …あ、ヌートリア(以前の記事でみつけた)。 他には鼬(いたち)とか青大将・蝮(まむし)、川に棲む蛇や亀、溝(どぶ)に棲む蝦蟇(がま)蛙、守宮(やもり)・井守(いもり)・蜥蜴(とかげ)といった両生類・爬虫類など一般的な感じのはいた。 あと、魚。
 そうか、ネズミもいますね。 でもやっぱりみんな『野生』といえるのかな。 ひとと共存しているだけで、餌に困らないわけではないはず。 私の観点は、ごはんが食べられるかどうかだけみたいですね。 ひとだって、ちゃんと食べられないこともあるのに。



 辞書で『野生』を調べてみた。

国語辞典『野生』
[名](スル)
1 動植物が自然に山野で生育すること。「―の猿」
「そら色の朝顔が―していた」〈寅彦・旅日記から〉
2 人が教育などによって整えられたりせず自然のままの状態で育つこと。
[代]一人称の人代名詞。男子が自分をへりくだっていう語。近世に多用される。〈書言字考節用集〉


類語辞書『自生/野生』
自生(じせい)/野生(やせい)
野育ち(のそだち) 
[共通する意味] ★動植物が飼育されたり栽培されたりせずに、山野に自然に生育していること。
[英] to grow wild
[使い方]
〔自生〕スル▽高山に自生する植物▽自生のきのこ
〔野生〕スル▽野生の自然薯(じねんじょ)▽この辺には鹿(しか)が野生している
[使い分け]
【1】「自生」は、植物が人間の手によらずに生え、育つことをいう。狭義には、本来その地域に生育するものをいい、植物の分布を説明する場合に用いられる。
【2】「野生」は、動物・植物の両方に用い、栽培植物や飼育動物と対比する場合にいう。「野生する」という言い方は、あまり一般的ではない。


goo辞書-『野生』の検索結果、すべて




 因みに実家近所の川は淀川と神崎川。 ちょこっと調べたら、淀川は琵琶湖からの唯一の河川で、965本ある支流は日本一だそう。 2位は信濃川、3位は利根川。



妹へ私信:

 ねー、『赤い指』、ちょっと考えてしまう。 結局、みんななんじゃないかとおもった。 暴力の連鎖、じゃないけど似たようなことかなと。 でも、あのお母さんに落ち度は…? って見えにくいけど、あるんだよね。 かといって、完璧な人間などいないし。 堂々巡りっす(笑) もしかしたら、倫理・常識なんかを乗り越えて考えないといけないのかも。 そうかといって、究極は『思いやり』なのかも。 じゃあ、答えは簡単じゃん。 とかやっぱり堂々巡りっす。
 短編集を幾つか読んで、いまは『私が彼を殺した』、読んでます。 もしかしてこれも犯人わかった?


優雅

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-05 Fri 19:50:05
  • diary
 ダリアの花言葉だそうです。 他に、エレガント、華麗。 似かよった類似の言葉、なのかな。 タイトルは、花言葉にするか、ダリアの和名、天竺牡丹にするか迷いました。 だけど牡丹だけだとこれまたすこし趣向が異なるような。

 今朝テレビでみたダリア! すごくすごく綺麗でした。 帰りにどこかのお花屋さんへ寄って連れて帰りたかったけど、生憎きょうは腰が…(苦笑)

 午前中に治療してもらって午後から仕事へ行こうかどうしようか迷った挙句、とりあえずあまり私の手伝いも必要なさそうなんじゃないかと期待しつつ先輩に電話してみたら、なん時に来るの?
 基本、風邪ひいたり熱出したりしてマスクもせずに、増してやインフルエンザにかかっているとかで頑張って会社や学校へ行っているひとを、私は『頑張っている』とは評価しない。 だから私自身も調子悪いときはちゃんと休むんだけど、さりとて不摂生や自己管理の悪さとか否めないこともあるんだけど、でもまあすべてがそうなわけじゃない、ですよねきっと。 私の場合は殆ど自己管理の範疇かもしれない。 まあそんなこんなでいろいろ葛藤して『早く帰るよん』と決意して行きました。 土日はおとなしくしていよう。



 タイトルとかブログ記事として掲載するため選んだ項目とか、そういうのでもひととなりってわかるんでしょうね、とふと思った。 例えば図書館で借りた本の種類でもプロファイルできるように。 なぜか映画の『セブン』をおもいだした。 洋画のホラーって気持ち悪い。 『セブン』は嫌いじゃないけど。 でもあれってホラー? ではないよね、ミステリー?
 ホラーでいちばん怖かった洋画は前にも書いたけど『エクソシスト』のパート1。 中学生のころ視聴覚室で、生まれて初めて見た洋画ホラーが、いまでもいちばん衝撃です。 邦画では『リング』。 綺麗で哀しくて切ない雰囲気。



大人

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-04 Thu 23:58:28
  • diary
 ブログパーツで飾ってるグリムスの木が大人になりました、と先日お知らせをいただきました。 現在4本目。 前に育った3本はもうすでに、モンゴル自治区へ植林されたそうです、やった。 なんだか、『やった!』感があります。



 ブログ記事に環境に関するキーワードを使うと木の成長などに効果があるとか。 いままで一度しか引っかからなかったんですけど、ふだんからグダグダの記事なのでそんなもんですね。 特に狙っていなくて。
 だけど今後はすこしは意識できるようになれるといいな。 もうちょっと廻りに目を向けてみなければ、とゆうか廻りに目を向けてみたいというか。 でも有言不実行にならないよう、気をつけたい(笑) まあ気長に、いままでもおもっていたことなんだから、これまでどおりにいろんなことを見て聞いて触って感じてみたいです。

 どんな言葉がキーワードになっているのかな。 でもただそれを記事に加えるんじゃなくて、記事にしなくても自分なりに消化していたいとおもいます。



 あと5日で、新しい芽が出ます。 今度はどんな子だろう。
 ちょっと変わった形ですけど、それなりに愛でて時間はかかっているのでなんとなく感慨深いものもあります。 デジタルの世界なのに。 いましばらく眺めていられるので、よろしければひとめ見てやってくださいな。


Continue reading

護法

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-03 Wed 19:37:57
  • diary
国語辞典『語法』
1 言葉遣いの規則。文法。
2 言葉の使い方。表現法。


類語辞書『文法/語法』
共通する意味:言葉に関するいろいろな法則。
使い方:
〔文法〕▽文法にかなった言い方▽口語文法▽英文法
〔語法〕▽語法上の誤り▽アメリカ英語の語法
使い分け:
「文法」は、語と語が連なって文を構成する際の法則。「語法」は、文法と同意で用いられることもあるが、特に、正確で効果的な表現をするための慣用的な用法の選択法則をいうこともある。


和英辞書『語法』
〔慣用法〕usage; 〔表現〕expression; 〔言葉づかい〕wording; 〔正確さ・効果などを考慮した用語の選択〕diction


goo辞書 - 『語法』の検索結果、すべて




 いままた嵌っているとあるアニメ(ホリック!)を見ていて、どうしても気になったので調べてみました。

 そもそもは、『尻取りが古い護法としても使われていたと言われる』件(くだり)で、アニメをみていると音しかわからないので『護法』だろうとおもっていました。 漫画とか小説に描かれているこういうことは間違った情報ではないだろうけど、ときどきサクッと調べたい衝動に駆られます。 だからなんの気なしに「ふーんそうなんやー、もうちょっと詳しくみてみるべ」とネットで検索したところ、某百科事典サイトさんでの尻取りの解説は「古い語法として用いられたこともあるという」。
 いや違うだろう、『護法』なんじゃない? とおもった日曜日はほろ酔い加減だったので時間切れということにして、まだ納得していなかった今日、もう一度調べてみることにしました。 ちなみに原作では『護法』。



 一方、『護法』。

国語辞典『護法』
1 (‐ハフ) 法律を尊重すること。「―の精神を説く」
2 (‐ホフ) 仏語。
①仏の教えを守ること。仏法を守護すること。
②妖怪・変化などを追い払う力。法力。


goo辞書 - 『語法』の検索結果、国語辞典




 話の筋から、という以前に『尻取りは語法』ってないんじゃないかな。 『尻取りは護法』のほうがしっくりくる。


秋晴

  • Posted by: ヨシオ
  • 2010-11-02 Tue 07:58:22
  • diary
 富士山が見える、と連絡をもらいカーテンを開けてみたら素晴らしい秋晴れ。 遠くに雪を被った富士山が見えます。

 今年度の初めごろからだったとおもいますが、「ブログの感覚で」と毎朝メールを送ってくれる先輩と書簡のやりとりをさせていただいています。 どういうナンバリングかいまだ紐解けませんが(笑)、通し番号もついているのでもう130件メールをもらったということになるそうです。 ということはだいたいおなじだけ返しているのであわせると260件。 こういう形式もおもしろい。


Index of all entries

Home > 2010年11月

blogram.jp
gremz
Denki

Return to page top