Home > Ein Rezept -recipe- Archive

Ein Rezept -recipe- Archive

きのうのレシピ。

 ゆうべのうちに書き始めたのに、書いていた記事を[Esc]キーでうっかり消してしまい、不貞寝してました。 嘘です。 消してしまってやる気が失せたのは事実ですが、再挑戦中にパソコンの調子が悪くなり、再起動したため結局、書いていた記事はこのFC2さまの下書き機能でも残っていませんでした。

 さて、言い訳はこのへんで。





 きのうではなく、一昨日のパスタレシピにリクエストいただきました!
 ありがとうございますvv



フレッシュトマトとベーコンのパスタ(ヨシオバージョン・基本形、ひとり分)

  1. 塩適宜と月桂樹の葉(ローリエ) 1枚を入れてたっぷりのお湯を沸かし、パスタ約 80グラムを茹で始めます(パスタの茹で時間はパスタごとの袋などの説明による)。
     Ex. 湯の量にもよりますが大さじ 1程度、私は薄味派ですけど茹でるときは少し濃い目にしてます
  2. ソースを作りましょう。
    フライパンにオリーブオイルをしき、ニンニクひとかけの粗微塵切りと半分に折って種を取り除いた鷹の爪(赤唐辛子)ひとつを熱しながら油に香りづけをします。
  3. 適当な幅に切り揃えたベーコンを 2.に入れ、塩コショウをして炒めます。
  4. ベーコンに火が行き渡り油分がでてきて焼き色もつきましたら、ヘタを取り(皮が苦手なら湯むきして) 1~2センチの大きさ角切りしたトマト、大なら 1個、小なら 1.5~2個程度を 3.に入れてさらに熱を加えます。
     Ex. トマトはわりと煮崩れた感じになりますんで、大きめに切るほうがお薦めです
  5. パスタの茹で時間はパスタによりバラバラですので、茹であがってなければ 4.の火は一旦とめます。
  6. 茹であがったパスタはザルなどで湯を切らず、お箸で直接フライパンに移します。 お塩と月桂樹の葉が利いた茹で汁も少量(大さじ 1程度、好みにあわせて)、フライパンに流し込みます。パスタにソースが絡んだらできあがり。 きれいなお皿に盛りつけて、お好みでパルメジャーノ・レッジャーノ(粉チー)など振りかけて。


 月桂樹の葉やオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪が、ほんのちょっとだけ本格的な味に近づけてくれます。 ベーコンの代わりに豚バラの細切れとか、鶏のもも肉やソーセージなどでも美味しいです。 豚肉や鶏肉はベーコンよりももう少しだけしっかり、中まで火をとおして焼いたほうが良いと思います。 あと、玉葱いれたりすると甘みがでて風味が変わりますし、こないだはクレソンいれてみたら彩りがよくなりました。

 宜しければ、いろいろお試しくださいませ。 そして、なにか新しい発見があったら教えてほしいですv


手羽元料理メモ

レモン味
手羽元を焦げ目がつくまで焼く。
別のお鍋に移して、ひたひたの水、和風だし、砂糖、みりん、醤油少々、レモンの輪切り1個分を入れて、ゆっくりくりと煮汁が無くなるまで煮込む。蓋は開けておく。

お酢味
手羽元を焦げ目がつくまで焼く。
別のお鍋に移して、ゆで卵、和風だし、水1、酢1、醤油・みりん1/2を入れてひたひたにしてゆっくり煮汁が無くなるまで煮込む。蓋は開けておく。





母に教えてもらった手羽元レシピです。 おし、まずはレモン味に挑戦。 レモンはあるけど卵がないんで。

ここんとこ、食べもの飲み物の話題ばかり。
そしてお砂糖はこっちきて初めて使う… お料理にはみりん使っていたんでほんと使わないの。


Index of all entries

Home > Ein Rezept -recipe- Archive

blogram.jp
gremz
Denki

Return to page top